中性脂肪と皮下脂肪と内臓脂肪と体脂肪の違い

Pocket
LINEで送る

多くの人は体組成計で見ることができる体脂肪ばかりに気を取られていますが、ダイエットをするなら3つの脂肪を意識する必要があります。

それは「中性脂肪」「皮下脂肪」「内臓脂肪」です。

ここではこの3つの脂肪の違いについて説明したいと思います。

中性脂肪

炭水化物が体内でブドウ糖になって脂肪になるまでの流れ」で詳しく説明しましたが、食べた糖類は体内で消化吸収されながら、余った分は中性脂肪に変わります。

中性脂肪とは血液中に溶けた脂肪のことで、血液中の中性脂肪が増えると「体脂肪」になっていきます。

逆から見ると、糖質を控えると中性脂肪が増えないので、体脂肪も増えないということになります。

これが糖質制限ダイエットが痩せる理由です。

さて、中性脂肪が増えてできる体脂肪ですが、体脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つあります。

皮下脂肪

皮下脂肪とは文字通り、皮膚の下にある脂肪のことです。分かりやすく言うと「手でつまめる脂肪」です。

皮下脂肪は女性の方が付きやすくなっています。

なぜ、女性の方が皮下脂肪が多いのかというと、女性ホルモンのエストロゲンが皮下脂肪にエネルギーを蓄えようとするからです。

女性の場合、皮下脂肪は妊娠に大切なお腹を守る役割もあります。

さらに、男女共通の役割をとしては、外部との接触から身を守ったり、外界との温度調整としても働きます。

そんな皮下脂肪ですが、次に説明する内臓脂肪に比べると、ダイエットで減らしにくい脂肪でもあります。

内臓脂肪

内臓脂肪は腹筋の内側、内蔵の周辺に付く脂肪です。

ポッコリお腹の原因は内蔵脂肪です。

ポッコリお腹は男性に多いように、内蔵脂肪は男性に付きやすい脂肪です。

しかし、皮下脂肪と違って、比較的落としやすい脂肪でもあります。

内蔵脂肪が増えると、糖尿病や高血圧といった病気になることもあるので、糖質制限ダイエットで内蔵脂肪を減らしていきましょう。

男性だったら、体組成計で内蔵脂肪の数値が「6」になることを目指すといいですよ。

Pocket
LINEで送る