果物はビタミン類が豊富だが糖質は高めの食材

Pocket
LINEで送る

果物というと健康のイメージが強く、人によってはダイエットにも効果的と考えている人がいるかもしれません。

しかし、果物は果糖が含まれているので比較的、糖質が高めの食材です。

ですから、完全に糖質制限ダイエットをしたいなら、その期間中は果物は食べない方がいいでしょう。

といっても、果物はビタミン類も豊富ですし、果糖はブドウ糖よりも血糖値を上げないので、健康を考えるとたまには食べた方がいい食材です。(※血糖値の上昇が肥満につながります。詳細は糖質制限すると痩せる理由にて。)

糖質制限ダイエットをしたいなら、以下の中から糖質が少ない果物をチョイスするといいでしょう。

果物の糖質(100g当たり)どの果物が糖質が低いの?

  • オリーブ:0.5g
  • アボガド:0.9g
  • 梅:5.4g
  • イチゴ:7.1g
  • パパイヤ:7.3g
  • レモン:7.6g
  • モモ:8.9g
  • オレンジ:9.0g
  • グレープフルーツ:9.0g
  • スイカ:9.2g
  • メロン:9.9g
  • ナシ:10.4g
  • キウイ:11.0g
  • パイナップル:11.9g
  • リンゴ:13.1g
  • ブドウ:15.2g
  • バナナ:21.4g

アボガドは糖質が非常に低い果物なので、アボガドのサラダなどもオススメです。

また、一時期、朝バナナダイエットが流行りましたが、バナナは糖質が高い果物なので、ダイエットには向きません。

Pocket
LINEで送る