糖質制限すると痩せる理由、糖質を摂取すると太る理由

Pocket
LINEで送る

糖質制限をすると痩せるのはなんとなく分かったけど、やせる理由を知りたいという人もいると思いまうので、ここでは「糖質制限すると痩せる理由」、逆から見ると「糖質を摂取すると太る理由」を説明したいと思います。

簡単に説明するなら、糖質を摂取すると糖質が最初にエネルギーとして消費されるので、減らしたいはずの体脂肪が使われなくなるからです。

もう少し、専門的に説明すると次のような理由からです。

食べた糖質は100%血糖に変わるので、人間の体は糖質を摂ると血糖値が上がります。

血糖値が上がると、血糖値を下げようとするホルモンであるインスリンが分泌されます。

しかし、インスリンがすべての血糖を取り込めるわけでなく、余った血糖は中性脂肪に変わり脂肪細胞に蓄積されてしまいます。

つまり、インスリンが分泌されると、減らしたい体脂肪より先に血糖がエネルギーとして使われるということです。

このため、インスリンは「肥満ホルモン」と呼ばれることもあります。

肥満ホルモンであるインスリンを分泌させないためには、血糖値を上げないようにする必要があります。

血糖値を上げないためには、糖質を摂取しないようにする必要があるのです。

まとめると、糖質を摂ってしまうと最初に糖質がエネルギーとして消費されてしまうので、体脂肪が使われないのです。

逆から見ると、糖質を摂取しなければ、すぐに体脂肪がエネルギーとして消費されることになるので、痩せられるということです。

これが、「糖質制限すると痩せる理由」であり「糖質を摂取すると太る理由」でもあります。

Pocket
LINEで送る