飲んでも太らないお酒とは?ビール、焼酎、ワイン、ウイスキー

Pocket
LINEで送る

お酒を飲むと太るという印象を持っている人も多いですが、たいていの場合、お酒と一緒に食べているつまみが肥満の原因です。

確かに、お酒自体のカロリーは低くないですが、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と言われ、飲んでもすぐに燃焼されて体外へ熱として放出されるので、体内に蓄積されません。

しかし、お酒にも糖質が高いお酒と糖質が低いお酒があります。

糖質制限ダイエットでは、もちろん糖質が低いお酒を選ぶ必要があります。

糖質ゼロのお酒の代表格が「蒸留酒(じょうりゅうしゅ)」と呼ばれる焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、泡盛などのお酒です。

しかし、蒸留酒はどれもアルコール度数が高いものが多いので、太らないからと言って飲み過ぎには注意が必要です。

二日酔いを軽減したいなら、サプリメントを摂取するのもオススメです。私の旦那もかなりの酒好きですが、お酒を飲む前後に二日酔いに効くと言われているサプリメントを飲んでいます。

一方、ビール(麦芽からできている)や日本酒(お米からできている)、カクテル、紹興酒などの醸造酒は糖質が含まれているのでオススメできません。

しかし、最近では「糖質ゼロ」ビールや発泡酒も増えているので、ビールに関してはこれを飲めば大丈夫です。

一番注意すべきなのが梅酒です。梅酒は砂糖を加えて作るので糖質が非常に高くなっています。ビールの10倍くらい糖質が高いので避けておきましょう。

それと、最近は「糖類ゼロ」の缶チューハイが販売されていますが、「糖質ゼロと糖類ゼロの違い」で説明したように糖質ゼロと糖類ゼロは漢字は似ていますが別物です。

糖類ゼロの缶チューハイには「アセスルファムK」や「スクラロース」といった甘味料が入っています。ですので、缶チューハイは全てNGです。

最後にワインですが、ワインには糖質が少し含まれていますが、辛口ならワインはOKです。

120mlのワインで赤ワインなら1.8g、白ワインなら2.4gの糖質が含まれています。

もし、ワイン好きな人でできるだけ糖質が低いワインを飲みたいなら、赤ワインの辛口をオススメします。

甘口は甘いぶん糖質は多いと思ってください。

では、最後に飲んでいいお酒をまとめます。

  • 糖質ゼロビール
  • 焼酎
  • ウィスキー
  • ブランデー
  • ウォッカ
  • 泡盛
  • ワイン(辛口)、赤ワインの辛口がベスト
Pocket
LINEで送る