糖質の少ない肉〜鶏肉、牛肉、豚肉、生ハム、羊肉

ダイエットというとお肉はNGというイメージを持っている人が多いですが、糖質制限ダイエットではお肉は全くNGではありません。

むしろ、糖質制限ダイエットでは絶対に欠かせない食材です。

なぜなら、お肉は糖質が少ない食材だからです。 続きを読む

糖質量の記載がない場合に栄養成分表示から調べる方法

どんな食品にも「原材料名」と「栄養成分表示」が記載されています。

糖質制限ダイエットをするなら、この2つの見方を知っておくといいですよ。

原材料名

意外と知らない人が多いですが、原材料名は使用されている量が多い順番で原材料が記載されています。

たとえば、セブンイレブンの「さきいか」の原材料名は以下のように記載されています。

さきいかの原材料名と栄養成分表示

これを見ると、砂糖は2番目に記載されていますし、食塩よりも砂糖の量が多いことが分かります。

同じセブンイレブンの「あたりめ」には砂糖が使われていないことが分かります。

あたりめの原材料名と栄養成分表示

このように見ていくと、糖質制限ダイエットに良い酒のつまみは「あたりめ」ということになります。

ちなみに、加工食品には原材料の記載が義務付けられています。

栄養成分表示

栄養成分表示は「エネルギー」「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ナトリウム」の5つの記載は義務付けられています。

糖質の記載は義務付けられていないので、糖質の記載をわざわざするということは、糖質が低いことをアピールしていると見ることもできます。

糖質量が書いてある食品ならそれを見ればOKですが、糖質量の記載がない場合でもだいたいの糖質量は知ることができます。

糖質量の記載がない場合に栄養成分表示から調べる方法

まず、食物繊維の記載がある場合は、「炭水化物 – 食物繊維」が糖質の量です。

食物繊維の記載がない場合は、炭水化物の量が糖質の量と考えてOKです。

つまり、糖質制限をするなら炭水化物の少ない食品を選ぶといいということです。

たとえば、先ほどの「さきいか」と「あたりめ」の場合、「さきいか」の1袋当たりの炭水化物は22.1gですが、「あたりめ」の1袋当たりの炭水化物は0.2gです。

圧倒的に「あたりめ」の方が炭水化物が少ないです。そして、どちらも食物繊維の記載はありません。

なので、このケースでは「炭水化物の量=糖質の量」と考え、「あたりめ」の方が糖質制限ダイエットに最適なつまみと考えることができます。

糖質制限ダイエットで便秘がちになった時の対処法

糖質制限ダイエットを始めると、ご飯、パン、麺類などの炭水化物を食べなくなるので、炭水化物に含まれている水分や食物繊維の摂取量が減り、便秘がちになる人がいます。

便秘がちになると体重が減りづらくなります。

ここでは、糖質制限ダイエットを始めて便秘がちになった時の対処法について説明します。 続きを読む

中性脂肪と皮下脂肪と内臓脂肪と体脂肪の違い

多くの人は体組成計で見ることができる体脂肪ばかりに気を取られていますが、ダイエットをするなら3つの脂肪を意識する必要があります。

それは「中性脂肪」「皮下脂肪」「内臓脂肪」です。

ここではこの3つの脂肪の違いについて説明したいと思います。 続きを読む

糖質が多い食べ物・果物・野菜・食材・食品の一覧

糖質制限ダイエットをするには、まず糖質が多い食べ物について知る必要があります。

健康に良いからと食べているものでも、糖質という面から見るとオススメできない食材もあります。

ここでは糖質が多い食べ物・野菜・果物・食材・食品を紹介します。 続きを読む

果物はビタミン類が豊富だが糖質は高めの食材

果物というと健康のイメージが強く、人によってはダイエットにも効果的と考えている人がいるかもしれません。

しかし、果物は果糖が含まれているので比較的、糖質が高めの食材です。

ですから、完全に糖質制限ダイエットをしたいなら、その期間中は果物は食べない方がいいでしょう。

といっても、果物はビタミン類も豊富ですし、果糖はブドウ糖よりも血糖値を上げないので、健康を考えるとたまには食べた方がいい食材です。(※血糖値の上昇が肥満につながります。詳細は糖質制限すると痩せる理由にて。)

糖質制限ダイエットをしたいなら、以下の中から糖質が少ない果物をチョイスするといいでしょう。

果物の糖質(100g当たり)どの果物が糖質が低いの?

  • オリーブ:0.5g
  • アボガド:0.9g
  • 梅:5.4g
  • イチゴ:7.1g
  • パパイヤ:7.3g
  • レモン:7.6g
  • モモ:8.9g
  • オレンジ:9.0g
  • グレープフルーツ:9.0g
  • スイカ:9.2g
  • メロン:9.9g
  • ナシ:10.4g
  • キウイ:11.0g
  • パイナップル:11.9g
  • リンゴ:13.1g
  • ブドウ:15.2g
  • バナナ:21.4g

アボガドは糖質が非常に低い果物なので、アボガドのサラダなどもオススメです。

また、一時期、朝バナナダイエットが流行りましたが、バナナは糖質が高い果物なので、ダイエットには向きません。

糖質ゼロと糖類ゼロの違い、糖質はいくつかの糖類を合わせたもの

「糖質ゼロ」と似たような表現で「糖類ゼロ」というものがあります。

「質」じゃなくて「類」なんですね。

たとえば、発泡酒だと「糖質ゼロ」と表示されていますが、缶チューハイだと「糖類ゼロ」と表示されています。 続きを読む

飲んでも太らないお酒とは?ビール、焼酎、ワイン、ウイスキー

お酒を飲むと太るという印象を持っている人も多いですが、たいていの場合、お酒と一緒に食べているつまみが肥満の原因です。

確かに、お酒自体のカロリーは低くないですが、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と言われ、飲んでもすぐに燃焼されて体外へ熱として放出されるので、体内に蓄積されません。 続きを読む

炭水化物で糖質量が多い食べ物ランキング!太りやすい食事ってどれ?

糖質制限ダイエットとは炭水化物を食べないダイエット法と言い換えてもいいくらいです。

なぜなら、炭水化物には非常に多くの糖質が含まれているからです。

逆から見ると、炭水化物ダイエットとは糖質制限ダイエットとも言えます。 続きを読む

筋肉が増えると太りづらくなる理由、ブドウ糖と基礎代謝

アナタが太りやすくて痩せづらい理由の1つに「筋肉が少ない」ということがあります。

よく、筋肉が増えると基礎代謝が上がって、太りづらく痩せやすい体になると言いますが、筋肉量を増やすことは基礎代謝アップ以外の効果もあります。 続きを読む